70年80年代ヒット曲動画


2016年09月16日

バングルス(エターナル・フレーム)

エターナル・フレーム


Eternal flameは、1988年バングルスのアルバム「エブリシング」からのシングル大ヒット曲

邦題は「胸いっぱいの愛」

1989年2月11日にリリースされ、Billboard Hot 100で1位を獲得した。

その他、イギリス、オランダ、オーストラリアなど9カ国でシングルチャート1位を獲得した。

ヴォーカルのスザンナ・ホフスと、ビリー・スタインバーグ、トム・ケリーの3人による共作。

スタインバーグとケリーは、マドンナの「Like a Virgin」、ハートの「Alone」、ホイットニー・ヒューストンの「So Emotional」、シンディ・ローパーの「True Colors」など数多くのヒット曲を生み出したソングライターコンビとして知られる。

wikipedia




Everything


posted by かどやん at 13:47| Comment(0) | バングルス

2009年03月16日

バングルス(マニック・マンデー)

バングルス


女性4人で構成されるアメリカのバンド。

1980年代に数々のヒットを放ち、世界で最も成功した女性バンドの一つといわれている。

1981年にロサンゼルスでスザンナ・ホフス、ヴィッキー、デビーのピーターソン姉妹とベーシストのアネット・ズィリンスカスの4人により結成。

最初のバンド名はスーパーソニック・バングス。

後にバンド名をバングスと変えるが先にニュージャージー州に同名のバンドが存在していたため、バングルスという名前に落ち着いた。

バングルとはアクセサリーの腕輪のこと。

1982年にミニアルバム『The Bangles』を発表。

翌年にはCBSレコードと契約するがアネットが脱退し、マイケル・スティールが新たに参加。

マイケルは元祖女の子バンドのランナウェイズの元メンバーであった。

1984年、アルバム『気分はモノクローム』でデビュー。


マニック・マンデー


1986年セカンド・アルバム『シルバースクリーンの妖精』からのシングル曲

米英で2位の大ヒットを記録する。

デビューアルバムを聴いたプリンスがホフスを気に入り、1986年に「マニック・マンデー」を提供した。

Wikipedia




シルヴァー・スクリーンの妖精
posted by かどやん at 11:00| バングルス