70年80年代ヒット曲動画


2018年08月16日

エンゲルベルト・フンパーディンク(アフター・ザ・ラヴィン)

エンゲルベルト・フンパーディンク


Engelbert Humperdinckは、イギリスのポピュラー音楽の歌手。

本名はアーノルド・ジョージ・ドーシーで、父が駐屯していたインドで生まれた。

芸名はドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディンクに由来する。

甘いマスクでバラードを得意とするフンパーディンクはしばしば「キング・オブ・ロマンス」と称され、トム・ジョーンズとともに1960年代から1970年代にかけて、女性を中心に絶大な人気を誇った。


アフター・ザ・ラヴィン


After the lovinは、1976年の大ヒット曲

全米8位獲得曲

wikipedia

エンゲルベルト・フンパーディンクは、自伝を出版し、華麗な女性遍歴を赤裸々に告白し話題を呼んだ。とのことで、かなりのプレイボーイだったようですね







posted by かどやん at 17:31| Comment(0) | 1976年のヒット曲

2009年03月11日

エリック・カルメン(オール・バイ・マイセルフ)

エリック・カルメン


オハイオ州クリーブランド出身。

大学時代にバンド活動を始める。

1970年にラズベリーズのボーカルとしてデビュー。

1974年にバンドは解散、カルメンはソロ活動を始める。


オール・バイ・マイセルフ


1976年全米2位の大ヒットを記録した。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をモチーフにしたこの曲は、途中にピアノ協奏を挟んだ7分超のドラマチックな大曲。

バラードの名曲として多くの歌手にカバーされたほか、日本では何度かCMに使われたことがある。

Wikipedia






posted by かどやん at 13:28| 1976年のヒット曲