70年80年代ヒット曲動画


2009年01月28日

ジグソー (スカイハイ)

ジグソー


1966年にコベントリーで結成。

ソフトロックバンドとして1968年にデビュー。

当初はかなり野性的なイメージ戦略をとっていたが、やがて音楽性はポップな方向へと傾く。

しかしセールスは芳しくなく、インディーズのレーベルへ移籍。

移籍直後の1975年、「スカイ・ハイ」が大ヒットを記録する。当初レコード会社は大して売れるはずもなかろうと数百枚しかプレスしなかったという。

1981年にバンドは解散。「スカイ・ハイ」以外にこれといったヒット曲がないことから、一発屋の扱いを受けている。


スカイハイ


もともとは映画『The Man From Hong Kong』の主題歌の映画音楽として作曲された。

日本では1970年代半ばに覆面プロレスラー、ミル・マスカラスの入場テーマ曲に使用され、大ヒットを記録した。

また『鳥人間コンテスト選手権大会』・テーマソングとして長年に渡り使われ、読売ジャイアンツの二岡智宏、元阪神タイガースの八木裕が打席に入る際のテーマソングとしても知られる。

また・トヨタ・ノアの後期型のCMソングでもある。

躍動的な曲調に反して、歌詞は失恋に関する。

1989年に「Pete Hammond Mix」として、ユーロビート調のものがあらためて発表された。

2000年代に入ってもさまざまなアーチストによるカバーで歌われている。

以上Wikipediaより抜粋

posted by かどやん at 00:00| 1975年のヒット曲

2009年01月20日

ベイ・シティ・ローラーズ (サタデー・ナイト)

ベイ・シティ・ローラーズ


イギリス・スコットランドのエディンバラ出身のバンド。

1974年から1978年にかけて“タータン・ハリケーン”と呼ばれる、熱狂的な社会現象を巻き起こした人気アイドル・グループである。

第二のビートルズとも呼ばれた。

「ベイ・シティ」の名前はメンバーによると、アメリカ合衆国の地図を開きダーツの矢を投げたところ、矢がささった場所のミシガン州にBay Cityという名前をみつけ、これをグループ名につけた。

本国イギリスを皮切りに、その後アメリカや日本など、世界中で人気を博した。

日本でも度々来日公演が行われた。

以上Wikipediaより抜粋

ベイ・シティ・ローラーズの日本での人気はすさまじいものがありました。本当にアイドルでした。


サタデー・ナイト


1975年アルバム「青春のアイドル」からのシングル曲

日本で大ヒットした有名な曲です。

TOKIOが『カンパイ!!』としてカバーした。

ゴリエの「ペコリナイト」もこの曲のカバーです。

2010年4月現在、上戸彩出演「コーセーソフティモ リニューウォッシュ(ジャンプ)編」のCM曲に使用されている。

posted by かどやん at 00:00| 1975年のヒット曲