70年80年代ヒット曲動画


2009年02月19日

ブームタウン・ラッツ(哀愁のマンデイ)

ブームタウン・ラッツ


ボブ・ゲルドフが率いたアイルランド出身のパンク/ニュー・ウェイヴのバンドである。

メンバー6人全員が、アイルランド共和国のダン・レアリー出身である。

「ブームタウン・ラッツ」というバンド名は、ウディ・ガスリーの自伝、『ギターをとって弦をはれ』(原題: Bound for Glory) に登場するギャングの名前に由来する。


哀愁のマンデイ


1979年7月にイギリスのシングルチャートで4週に渡ってNo.1を獲得した

この楽曲の原題の意は『月曜日は嫌い』であり、1979年1月29日月曜日に発生した16歳の少女による銃乱射事件にちなむ。

犯行後に「どうしてこのような事件を起こしたのか」と訊かれた少女が「I don't like Mondays」と答えたその言葉による。

歌詞の内容もこの事件に着想して書かれたものである。

Wikipedia




Fine Art of Surfacing
posted by かどやん at 13:36| 1979年のヒット曲